浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

身体の使い方

 体力の維持と身体の研究のために、ランニングを週に3回ほど行っていますが、元来痛めている膝もしくはそれに関連して腰が痛いことがあります。普段は感じていなくて、身体を強く使った時に出る運動時痛のレベルなのですが、入念な準備運動を行えば回避することができます。

 ただ、分かってはいるものの、そこまできちんとした準備運動をせずに走ることもあり、走っている時に痛みを感じます。しかし、身体感覚は研ぎ澄ましているので、痛い部分に負担がこないように走り方を調整していくと、血液循環がよくなることと相まって痛みが消失してくれます。タイムも後半の方が必ず良くなります。

 強く身体を使いながらも、正しい使い方をすれば痛みが消えていくのです。そのことを感じながらトレーニングをしています。スポーツや芸術で身体を痛める方は、限界に挑戦しているからということもありますが、余計な力みで身体を壊したり、パフォーマンスを落としたりしています。私自身、学生の頃はむきになってウエイトトレーニングをした時期もあって痛感しています。部活動をがんばっている学生さんも多くご来院いただいていますが、やはり余計な動作で身体を痛めている方も多く、痛みが緩和していくことを体験していただきながら、ケアの方法や身体の使い方を学んでいただいております。