浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

可動域と痛み

身体の仕組みは不思議なもので、痛いから動かないのではなく、動かないから痛みを感じてしまいます。

ですので、ロックのかかっている部分にそぉっとストレッチをかけ、少しずつ可動域をあげると、そこまで動くことを脳が認識をし、痛みの認知がなくなります。筋肉の伸張反射が起きてしまうと痛みが出てしまいますので、筋紡錘を刺激しないように力を抜いてゆっくりとです。

以前、明石家さんまさんが、ギックリ腰になった時に、ギュンと腰を伸ばしたらなおったって話をされていましたが、乱暴ですがそれもまた然りです。一撃の強い刺激で痛みを取っていたという一発屋さんと言われる治療家さんはその仕組みであったと考えられます。しかし、痛みを伴いますので、うまくいかなかった場合に酷いです。

ですので、弱〜い刺激でいつの間にか取れているといった施術が良いんじゃないかなと、日々精進しております。