浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

湿布を貼っても良くならない場合

クライアントさんのお話でちょくちょく出てくるのが、「湿布をずっと貼ってるんだけど良くならないから来た」というものです。

身体になんらかの以上があると、自分の身体を守るために「発痛物質」という化学物質を発生させて知らせています。この発痛物質にプロスタグランジンという物質がありますが、これが血管を開き知覚神経を刺激して痛みを感じさせたり、発熱させたりします。

湿布などの消炎鎮痛剤はプロスタグランジンが発生するのを抑制することで血管を閉じ、知覚神経を麻痺することで痛みを感じさせないようにするものです。

免疫学の世界的権威の安保徹医師も「痛みというのはその部位に発生する血行障害」だと明言されています。ですので、湿布を何日貼っていても痛みが和らがないというのは、過度な血流障害が発生しているとも捉えられ、血流を良くする手段を取っていかなくては改善されません。

当院では、筋肉の硬化を和らげ、動きをつくり、血流を良くすることで、苦痛な痛みを解決していきます。慢性化されている方には調整方法を見つけ出しお伝えするよう心がけております。