浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

膝の痛みをどう捉えるか?

膝が痛いと訴える方に対して、膝への直接的なアプローチをすることはあまりありません。というのも、膝そのものに痛みの原因があることのほうが少ないからです。

「軟骨がすり減っている」「O脚」「変形性膝関節症」など、原因名や症状名がついたとしてもです。

殆どが膝に関わる筋肉群の硬化、股関節や足関節が起因するもの、体重のかかり方やその他身体の使い方のエラーだからです。

場合によっては腰の調整でよくなる方もいらっしゃいます。膝を触らないでよくなることもあり、不思議がられますが膝の治療を行っていても痛みが緩和しないという事実そのものを示していると思います。

私自身も膝の痛みは学生時代から抱えていて、今の仕事に就く前に半月板除去の手術を行い、ヒアルロン酸を何度も打ってきました。でも正座はできませんでした。この仕事を始めて、身体の仕組みが分かってきたときに、ストレッチなどのケアを約半年間行った結果、今では正座もできますし、長距離を走ることもできます。

膝の痛み付き合っていくしかないか…なんて思わずに改善できる方法がある!と希望を持っていただきたいなぁと思います。