浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

使わなければ硬くなる

急な衝撃ではなく、またスポーツ等での使い過ぎによるものでもない慢性的な事象が原因の場合、身体の痛みが発生する以前に、関節可動域の減少が起きています。

動きが小さければ、その動作で動員される筋肉が少ないので、一定の筋肉ばかりが使われて疲労をし、使われないものは硬くなってしまいます。

ある動きに対して必要な多くの筋肉が使われ、お互いに少しずつの負荷を担当すると力みのない良い動きとなり身体を痛めるリスクが大きく減少します。

ストレッチ等を積極的に用いて関節可動域を高めていくことも大変有意義な手段となります。何歳からでも可動域を広げることは可能です。ご高齢のクライアントさんでも努力をされ劇的に変わるお姿も何人も拝見させていただき、人間の身体の可能性の凄さに驚かされることもしばしばです。

当院では、その方に合ったメンテナンス方法をお伝えし、覚えていただく取り組みも行っております。ご興味のある方はぜひご相談ください!