浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

突き指の対応

この時期の夜はお祭りシーズンで 例年ですと練習の太鼓などの音が風に乗って聞こえてくるのですが、どの町も神事のみのお祭りで何となく静かな夜を過ごしています。

突き指をしてしまった時、骨折などの骨の異常がないことを条件に早く回復させるための方法がありますので、今回はその話題です。

突き指をしている指の痛い側(甲か掌側か?)甲側であれば、前腕(肘より先)の伸筋部分、掌側であれば屈筋部分に硬くなってしまった処があります。その部分をじっくりと強すぎない刺激で指先方向にアプローチをしていくと、動かしやすくなったり痛みが軽減したりします。

硬くなっている部分がイマイチはっきりしない場合は、ここかなぁ?という処を軽く指先側にずらして指を動かしてもらうと楽になる部分がありますのでそれで特定します。

骨折などの後のリハビリとしても使えます。私は学生時代のバレーの時の指の骨折をそのままにしておきましたので小指が曲がっていますが、しっかりとした後処理をすればきれいになっていきます(>_<)