浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

皮膚の感覚

皮膚には外からの刺激を受容するポイントがあります。それぞれ触点、冷点、温点、痛点と呼ばれているのですが、身体全体では触点が50万、冷点が25万、温点が3万、痛点が200万あるそうです。

皮膚が刺激を感じ取り危険な場合はすぐさま回避行動に入れるように、痛点が圧倒的に多いのは納得がいく構造ですね。

施術の時は基本的には皮膚を触っていきますので、この「触点」への刺激が大変重要になってきます。私の場合は、指先で情報をとるので、皮膚を通して状態を教えてもらい、その感覚を基に必要な刺激を必要個所に入れて身体が変化してくれることを確認していきます。初めての方は「これで変わるの?」と不思議がられますが、痛みなどが改善しているので驚きつつ喜んでくださいます。