浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

棘下筋

左図は僧帽筋、三角筋後面を除いた図ですが、この棘下筋の硬化による肩周辺の痛みがかなり多く見受けられます。

特に上端部、肩甲棘と呼ばれる肩甲骨の骨の出っ張りの下を触ると硬くなって痛みを感じる方は骨側に沿って程よい力で緩めるようなアプローチをするとスッキリすることがあります。(肩の痛みは複雑でそこが原因でなければ変わりませんので無理はしないでください)。

そして連携して上腕三頭筋(力コブを作る反対の筋肉)も緩めると肩の動きが良くなります。