浜松の整体なら日本伝統療法の「あき整体院」短時間で改善!

伸筋と屈筋

伸筋とは伸ばす運動の時に縮む筋肉で屈筋とは曲げる運動の時に縮む筋肉です。

この2つがお互いに作用して関節の動きを作るのですが、伸筋と屈筋では屈筋の方が強くできています。

先日、トレーニングの質問があって、どんなことをやっているの?と実際にやってもらったところ、目指しているパフォーマンスの強化に対して、伸筋側のトレーニングが足りていないことが分かりました。トレーニングの仕方を少し変えて実際にやってもらったところ、すごく納得してくれました。

また、伸筋側が痛い症状の時、屈筋側を緩める操作を行うと痛みが緩和することもあります。

お互いが作用しているとは正しくこのことだなぁと感じています。