浜松の整体なら日本伝統療法の
「あき整体院」短時間で改善!

ご予約053-487-1129

土日も営業 営業時間8:00~22:00

当日の施術受付は原則19:00まで

腰椎を使いすぎる腰痛

「腰を反ると痛い」という方の動きの中で、そもそも反り方が良くないというパターンがしばしば見受けられます。どういうことかと申しますと、腰椎のみで反りを形成しようとしていることです。

胸椎には肋骨(あばら骨)がついていますので、動かしずらいためにおへその部分を前に突き出すように反ってしまうんですね。体操の後ろ反りの動きで後ろが見えなくなったという方は、恐らく頸椎(首の骨)、胸椎を使えていません。椎骨の間は全て関節になっていますので、それらをまんべんなく使えるような反り方が望ましいです。動かしやすい腰椎だけを強調して使うので腰が痛くなりやすくなります。

同じく、「曲げ」の動作においても腰椎の部分で曲げようとする動きをされる方がいます。体の屈曲運動に関しては、股関節を折りたたむのが正解なんですね。体感していただくと、「!」とびっくりされる方もいらっしゃいます。

ちょっとしたことなんですけど、身体の負担は大きく変わります。「私ってそうかも?」と思われる方は試してみてください。よくわかんないなーという方は、ご相談ください。